ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

歯がぐらぐらしていて臭いがある!原因と解決策は?

最近、口の中に違和感があると思ったら、歯がぐらぐらしている、と気付いた方はいらっしゃいませんか?また口臭を身近な人から指摘されて、気にしている方もいらっしゃるのではないかと思います。今回は歯のぐらぐらと口臭について、原因と解決策をご紹介いたします。

歯がぐらぐらして臭いがある場合は歯周病の可能性大

歯がぐらぐらして臭いがある場合は歯周病の可能性大

歯がぐらぐらしたり、口臭がしたりするのは、歯周病に見られる症状です。歯周病とはどんな病気で、どうすれば治すことができるのでしょうか?

■歯のぐらぐらや臭いは歯周病?

ぐらぐらしている歯がある、口臭がする、歯の間に食べ物が挟まりやすい、冷たいもので歯がしみる、これらは全て歯周病に見られる症状です。ひとつでも心あたりがある方は、歯周病の可能性があります。特に、歯がぐらぐらしているのが自分でわかるようであれば、歯周病がかなり進行している可能性もあります。

歯周病とは、歯と歯茎の間に、プラークと呼ばれる食べ物のカスなどがたまって炎症が起きている状態のことです。他にも、かゆみや出血などの症状が出る場合もあります。

■歯がぐらぐらして臭いがするのは重度の歯周病

歯周病の基本的な治療は、歯垢や歯石の除去です。歯がぐらぐらするところまで進行していると、噛むことで更に負担が増すため、噛み合わせの調整が必要になります。削って調整する程度では効果がない場合は、歯科用の接着剤で隣の歯と接着しするという治療を行うこともあります。

しかし、症状の進行具合によっては抜歯せざるを得ない可能性もあります。抜歯となると、義歯を入れることになりますが、自分の歯はできるだけ抜かずにおきたいものです。歯周病は初期の段階で治療しましょう。

 

歯のぐらぐらや臭いのある歯周病は身体にも影響

歯周病は口の中だけのことだと思っていてはいけません。普通の細菌は血液に触れるとすぐに殺菌され、血液中では生きられません。しかし歯周病菌は血液の中でもしばらく生きられるという特殊な菌なのです。ですから、血液に乗って身体の各部に運ばれ問題を引き起こす可能性があります。具体的にはどのような影響があるのでしょうか?

■歯周病の身体への影響

先ほど、歯周病菌が血液に乗って身体に運ばれると説明しましたが、その際に血液壁の細胞に炎症を起こし、動脈硬化につながるとの研究結果があるようです。これが、脳梗塞の原因にもなり得ると考えられています。
そしてこの動脈硬化によって心筋に血液を送る血管が狭くなったり、塞がってしまった場合は、狭心症や心筋梗塞ということになります。
今まで、動脈硬化は生活習慣が主な要因とされてきましたが、最近でが歯周病原因菌などの細菌感染が原因ではないかとの研究が進められています。
また、最近注目されているのが、歯周病と糖尿病の関係です。以前から歯周病は糖尿病の合併症のひとつではないかと言われてきました。歯周病になると糖尿病の症状も悪化し、逆に歯周病治療で糖尿病も改善するというように、相互関係があると見られています。

■歯周病を治すためにできること
歯周病を治すためにできること

歯周病を放置しておくと、他の病気も引き起こしかねないということがお分かりいただけたでしょうか。症状が進行しないうちに処置をしましょう。では、歯周病はどのように治療すればよいのでしょうか。

1)セルフケア
自宅でできる基本的なケアは、やはり丁寧なブラッシングです。歯茎の腫れや出血がある場合は、やわらかめの歯ブラシを使いましょう。歯茎に炎症がある場合は、スクラビング法という、ブラシを歯に対して直角に当てて磨く方法がよいでしょう。歯茎を傷めません。
また、運動不足や喫煙などが歯茎の血行を悪くし、歯周病菌に対する抵抗力を低下させると言われています。あまり関係がないように思えますが、適度な運動や睡眠をよくとってストレスのない生活をすることが、歯周病のリスクを減らすのです。

2)歯科でのケア
セルフケアでは充分でないため、歯科でケアを受けることもおすすめします。歯と歯茎の奥深くに入り込んだプラークや、石のように固くNATTEしまった歯石を、専用の器具で粉砕し、確実に取り除きます。歯科では、症状があった時だけではなく、定期的に検診をしてもらうことをおすすめします。

3)重度の場合
歯科でのケアでも改善が見られない場合や、症状が進行している場合は外科手術を行います。メスで歯茎を切開して歯石を取り除き、再度縫い合わせます。併せて、特殊なタンパク質を使って歯を支える骨を再生する治療を行うこともあります。

 

まとめ


歯は身体の中でも非常に重要な部位です。歯を失ってしまうことは、健康を失ってしまうこと。できるだけ長く、自分の歯で健康に過ごしたいものですよね。歯がぐらぐらして臭う、と気が付いた人は歯周病の疑いがありますから、なるべく早く歯医者さんに行って診察してもらいましょう。大したことはないだろうと軽く見るのは危険です。重大な病気を引き起こさないうちに治療して、お口と身体の健康を維持してください。

→当院の歯周病治療についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^