電話番号 03-5834-8118
  • 電話番号 03-5834-8118
  • 電話番号 03-5834-8118
COLUMN歯科コラム

虫歯、歯周病、早めの受診が大事な理由

歯医者には歯が痛くなったら行く、という方もいるのではないでしょうか。何か症状を感じて辛くなったら歯科を受診する。それはもちろん必要なことですが、実はそれでは遅すぎる、ということも。

歯を長持ちさせるためには、そのような受け身の対処では残念ながら十分でないことが多いのです。

今回は、虫歯や歯周病に関して、なぜ早めの受診が大事なのか、その理由についてご紹介していきます。

痛くなってから対処する場合に起こりうること

early_dental_examination_01

歯が痛くなってから歯医者で治療をする、という場合、次のようなことが起こる可能性があります。

歯の神経が犠牲になってしまう

虫歯が進行するとズキズキと我慢できないほどの強い痛みを起こしてきます。多くの人はこの段階で歯科を受診しますが、この段階というのは、歯の神経が強い炎症を起こしている状態であり、ここまできてしまうと歯の神経を取らざるを得なくなります。

神経を取っても歯を残すことはでき、すぐには見た目が変わったようには見えません。ですが、歯の神経がなくなると、歯には栄養が行き渡らなくなるので、歯が脆くなり、ちょっとしたことで割れてしまったり、歯が変色してしまったりといったことが起こってきます。

治療自体も痛くなる

歯に痛みを感じている状態というのは、炎症が高まっていることを表しています。このような状態では、麻酔をしても効きにくく、治療自体が痛く、辛いものになってしまう可能性があります。

軽い症状の段階で早めに治療をしておくことにより、痛みをできるだけ感じずに治療を受けられます。

抜歯のリスクが高まる

虫歯がひどくなって歯根の周囲に大きく膿を溜める、歯周病が進んで歯を支える骨が失われてしまう、というような、骨が大きく破壊される状況になると、歯を残すこと自体が難しくなってきます。

そうなる前にサインが出ていたはずなのに、それを放置してしまうと、取り返しのつかないところまで状況が悪化してしまうこともあります。

歯を長持ちさせたければ積極的に検診を

歯が痛くなるまでギリギリ我慢して歯医者に行かない、ということを繰り返していると、
結局は歯が長持ちせず歯を失う年齢が早まってしまうことにもなりかねません。また、治療のたびに辛い思いをしてしまう可能性が高くなります。

歯というのはある程度ひどくならないと症状を出さないことも多いので、歯をできるだけ長持ちさせるためには、初期のうちに対処できるよう、ちょっとしたサインでも見逃さずに早めに受診する、そして、何も症状を感じなくても定期的に歯科で検診を受け、異変がないかチェックしてもらい、すぐに対処できるようにしておく、ということが大事です。

口腔ケアとウイルス対策
口腔ケアとウイルス対策
削らない・抜かない 歯の治療
削らない・抜かない 歯の治療
     
アプラスデンタルローン
アプラスデンタルローン
スポンサー活動
スポンサー活動
グアムサッカーリーグに所属するチャンピオンチーム・ローヴァースFCを応援させて頂いております
コラム
お知らせ