電話番号 03-5834-8118
MEDICAL CARE診療案内

インプラントとブリッジ・入れ歯との違い

インプラントの耐用年数
インプラントの耐用年数
歯を失った場合に歯を補う治療法としては、インプラントの他にブリッジと入れ歯があります。
ほとんどの方は、このうちのどの治療法にしようか、と悩まれるわけですが、最終的には治療費を基準に選ばれる方が多いといえます。
ですが、それぞれの治療法に違った特徴があり、お一人おひとりによって合う治療法というのはやはり異なってきます。また、一見リーズナブルに感じられる治療法が長い目で見るとそうではなかったり、ということもあり得ることです。
そこで、治療法を選ぶ際の一助となりますよう、それぞれの治療法について詳しくご紹介していきます。

歯を補う3つの選択肢

インプラント

インプラント
顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から被せ物をする治療です。見た目も噛み心地も、天然歯に近い感じにすることができるため、第3の歯と呼ばれることもあります。保険が適用にならないため、治療費は最も高額になります。

ブリッジ

ブリッジ
1〜2本など、比較的少数の歯を失った場合によく行われている治療法で、歯を失った部分をまたいで、橋を渡すように被せものをする治療法です。保険適用もありますので、よく行われていますが、被せ物をするために健康な歯を多く削る必要があります。

入れ歯

インプラント
どのような歯の欠損にも対応できる治療法で、保険適用もあるため、一番選ばれることの多い治療法です。取り外し式の装置で、人工の歯茎、歯、金具などから成っています。一番手っ取り早くできる治療法ですが、歯茎の上にのせるため、違和感を感じやすいのが難点です。

インプラントとブリッジ、入れ歯との比較

適応症

インプラント
インプラント
あらゆるケースに対応できます。ただし、骨が極端になくなっているケースでは難しいことがあります。また、手術が必要なので、健康状態が良くない人や妊婦さんには行えない場合もあります。

ブリッジ
ブリッジ
少数歯の欠損が適応症です。歯を多く失っている場合には残りの歯で支えることができないため、不可能です。

入れ歯
入れ歯
どんなケースにも対応できます。

見た目の自然さ

インプラント
インプラント
天然歯に近い見た目を再現できます。

ブリッジ
ブリッジ
保険の場合、材質の関係により、見た目が悪くなってしまうことがあります。セラミックなど、自費のものの場合には、美しい見た目を再現できます。

入れ歯
入れ歯
部分入れ歯の場合、金具が見えて入れ歯とわかってしまうことがあります。総入れ歯はバランスの取れた若々しい見た目にすることが可能です。

噛み心地

インプラント
インプラント
天然歯に近い噛み心地が得られます。

ブリッジ
ブリッジ
一般的には天然歯の60%程度の力で噛めるとされています。

入れ歯
入れ歯
一般的に、最大で天然歯の20〜30%程度の咀嚼力だと言われています。

快適さ

インプラント
インプラント
ご自分の歯と同じようになじむ場合がほとんどです。

ブリッジ
ブリッジ
固定式のため、違和感はそれほど感じることはありません。

入れ歯
入れ歯
最初の頃は特に違和感を感じる人が多く、ずっと違和感に悩まされる方もいますが、一方で違和感なく使える方も決して少なくありません。大きな入れ歯の場合には、最初の頃に吐き気を感じやすい方もいます。

周囲の歯への影響

インプラント
インプラント
単独で歯を立てることができるので周囲の歯に悪影響を与えません。

ブリッジ
ブリッジ
ブリッジを支えるために、周囲の健康な歯を大きく削る必要があります。神経を取らなければならないこともあります。

入れ歯
入れ歯
周囲の歯に金具で固定する必要があるため、支えの歯に無理な力がかかり、歯の寿命を縮めることがあります。

骨や歯茎への影響

インプラント
インプラント
噛む力が直接骨に伝わりますので、骨や歯茎が痩せるのを防いでくれます。

ブリッジ
ブリッジ
骨への噛む刺激が伝わらないため、骨・歯茎はだんだんと退化し、痩せていきます。

入れ歯
入れ歯
ブリッジと同様に、歯が抜けた部分の骨は吸収して痩せていきます。

治療期間

インプラント
インプラント
一般的には、3ヶ月〜6ヶ月程度が目安ですが、骨を増やす手術をする場合にはさらに数ヶ月かかることもあります。

ブリッジ
ブリッジ
削ってかぶせるだけであれば、2〜3回の通院で終了します。

入れ歯
入れ歯
スムーズにいけば2〜4回くらいの通院で終了します。

治療費

インプラント
インプラント
保険が適用されないため高額になります。

ブリッジ
ブリッジ
保険だと安価ですが、自費のものは高額になります。

入れ歯
入れ歯
保険だと安価ですが、自費のものは高額になリます。

どのくらい持つか

インプラント
インプラント
メインテナンス次第では10年単位で持たせられます。

ブリッジ
ブリッジ
7〜8年ほどでやり直しとなるケースが多いです。

入れ歯
入れ歯
骨、歯茎が痩せていくため、7〜8年くらいで合わなくなり、作り直すケースが多いです。

以上のように、それぞれの治療法によって特色が異なります。治療法は安易に決めず、これらの特徴をよく踏まえた上で選択していただくことをおすすめします。

その他の診療メニュー

  1. 虫歯治療
  2. 小児歯科
  3. 成人矯正
  4. 小児矯正
  5. インビザライン
  6. インプラント
  7. 審美歯科
  8. ホワイトニング
  9. かみ合わせ
  10. 歯周病
  11. 入れ歯
  12. 予防歯科
  13. マイクロスコープ
口腔ケアとウイルス対策
口腔ケアとウイルス対策
削らない・抜かない 歯の治療
削らない・抜かない 歯の治療
     
アプラスデンタルローン
アプラスデンタルローン
スポンサー活動
スポンサー活動
グアムサッカーリーグに所属するチャンピオンチーム・ローヴァースFCを応援させて頂いております
コラム
お知らせ