電話番号 03-5834-8118
  • 電話番号 03-5834-8118
  • 電話番号 03-5834-8118
MEDICAL CARE診療案内

小児矯正

成長の盛んな子どもの時期にしかできない矯正
成長の盛んな子どもの時期にしかできない矯正

小児矯正とは、子どものための矯正治療のことで、乳歯が残っている段階で行う矯正治療です。乳歯から永久歯に生え変わっていく小児期は、あごの骨の成長がとても盛んな時期です。このタイミングで矯正治療を行うことにより、あごの骨の成長の成長をコントロールし、骨格の大きさのバランスを整えながら、歯並びをきれいにしていくことができます。

また、歯並びが悪くなる原因として、唇や舌の癖といったものがあります。小児矯正では、このような癖を取り除きながらあごの骨の成長、歯並びのコントロールを行いますので、理想的な見た目と健康的な歯並びを手に入れやすくなります。

小児矯正と成人矯正の違い

乳歯が残っている時期に行う「小児矯正」に対し、永久歯が生えそろってから行う矯正治療のことを「成人矯正」といいます。どちらも歯並びを整える治療ではありますが、両者には次のような違いがあります。

小児矯正

当院の虫歯治療
あごの骨の成長発育の盛んな時期に、あごの成長が正しく行われるようコントロールしながら歯を正しい位置に並ぶように導いていきます。つまり、あごの骨格と歯並びやかみ合わせを正しく同時に作り上げていく根本的な矯正治療だと言えます。

成人矯正

お子さんのペースで無理なく治療を進めます
永久歯が生えそろった後、つまりあごの成長が止まった段階から行います。そのため、あごの骨格が大きくなりすぎたり、小さくなりすぎたり、変形したりしたものを矯正治療のみで治すことはできません。矯正治療によって歯並びやかみ合わせを改善することはできますが、骨の調整はできないため、歯を並べるスペースが足りずに抜歯が必要になるケースが多くなります。どちらかというと対症療法的な矯正治療だと言えます。

小児矯正を始める時期

お子さんによって最適なタイミングは異なります

小児矯正を始める時期

小児矯正を始める年齢に一定した決まりはありません。お子さんの歯並びや骨格によって治療を始める最適な年齢というのは異なりますが、永久歯の生え変わりが始まる頃かそれ以降というケースが多いようです。

遺伝的な要素の強い骨格性の受け口のようなケースの場合は、あごの骨の成長をより早めからコントロールした方が良いという理由で、幼稚園くらいからおすすめする場合もあります。

お口の癖がある場合は要注意です

小児矯正を始める時期
多くの場合、歯並びの不正というのは、先天的(遺伝的)な要素よりも後天的な原因が関係しています。その中でもお子さんが何気なく行っている唇や舌の癖、指しゃぶり、口呼吸、頬杖といった癖が歯並びを悪くしてしまっていることが多いため、そのような特徴の見られるお子さんの場合は、現在の歯並びが問題ないように見えても注意が必要です。もしなんらかの癖がある場合には、一度早めにご相談ください。

小児矯正のメリット・デメリット

メリット
矯正のための抜歯が避けられる可能性が高くなります
小児矯正では、あごの正常な発育を促しながら歯を並べるので、歯を並べるスペースが足りなくなる、ということを極力避けることができます。
お顔の形がきれいになります
あごを本来あるべき形に成長するよう促しますので、よりバランスの取れたお顔立ちに仕上がります。
矯正中のストレスを少なくできます
骨がまだ軟らかい時期に行うので、歯がスムーズに動いて痛みを感じにくいのに加え、取り外し式の装置や簡単な装置を使用するため、矯正中のストレスが少ないという特長があります。
お口も体も健康を保ちやすくなります
小児矯正では、歯並びやあごの成長を悪くする癖や姿勢などへの指導も行います。また、きれいな歯並び、骨格を作るお口周囲の筋肉トレーニングといったものも行いますので、将来的にもきれいな歯並び、骨格を維持しやすくなります。
デメリット
トータルの矯正期間が長くなることがあります
小児矯正は、全てが永久歯に生え変わるまで経過を見続けていきます。そのため、特に早く矯正を始めたお子さんの場合はとくに、矯正期間が結果として長くなることがあります。
ご本人の協力がないと結果が出にくくなります
小児矯正では、取り外し式の装置を使うことも多く、その場合ご本人にきちんとつけていただく必要があります。もしきちんと装着していない場合には効果が現れにくくなりますのでご注意ください。
小児矯正を行っても、成人矯正が必要になることがあります
小児矯正は、基本的には永久歯が生えそろったら終わりですが、その後より歯並びを緊密に整えたい場合などでは、成人矯正を引き続き行った方が良いケースがあります。そのような場合には、矯正が二度手間になるような感じに思われるかもしれませんが、骨格がより理想的な状態に整えられているため、、成人矯正から始めるケースよりも小児矯正から行っているケースの方が美しく、健康的な仕上がりになります。

その他の診療メニュー

  1. 虫歯治療
  2. 小児歯科
  3. 成人矯正
  4. 小児矯正
  5. インビザライン
  6. インプラント
  7. 審美歯科
  8. ホワイトニング
  9. かみ合わせ
  10. 歯周病
  11. 入れ歯
  12. 予防歯科
  13. マイクロスコープ
口腔ケアとウイルス対策
口腔ケアとウイルス対策
削らない・抜かない 歯の治療
削らない・抜かない 歯の治療
     
アプラスデンタルローン
アプラスデンタルローン
スポンサー活動
スポンサー活動
グアムサッカーリーグに所属するチャンピオンチーム・ローヴァースFCを応援させて頂いております
コラム
お知らせ