ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

歯磨きの磨き残しが虫歯の原因に!正しいプラークコントロールの方法

どんなに歯磨きをしても磨き残しがあると虫歯ができる原因になります。磨き残しを少なくして虫歯のリスクを下げなければいけません。皆さんは磨き残しを少なくするのは難しいと思っていませんか?そんなことはありません。

ちょっとした工夫で磨き残しを少なくできます。磨き残しの有無やプラーク付着の有無でプラークコントロールは大きく変わってきます。虫歯になるか否かのリスク評価もプラークコントロールで評価されます。西日暮里駅前デンタルクリニックと一緒に正しいプラークコントロールをしませんか?

自分の歯磨きを知る

自分の歯磨きを知る

まずは自分の歯磨きの癖を知るようにしましょう。一度歯医者へ行き染め出しをしてもらってください。染め出しとは小学校や中学校の歯科指導でやりましたよね?汚れに色をつけてどこが磨けていないかをチェックするやつです。

自分の磨き癖を知ると歯磨きでいつもどこが磨けていない勉強できます。染め出しの結果磨けていない部位は普段から意識して磨くようにしましょう。

またその部位がもしかしたら磨きにくい部位かもしれません。例えば歯が混在していて歯ブラシが届きにくいとか、歯と歯の間で歯ブラシだけではきれいになりにくいといった感じです。そんな時はデンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシなど多種多様な清掃補助器具を使用してください。

 

歯ブラシや歯磨き粉

歯磨き粉には近年、様々な薬効効果が配合されるようになりました。歯周病予防や知覚過敏対策など歯磨き粉の種類だけでもものすごい数あります。しかし、歯医者はあまり歯磨き粉には重きを置いていません。プラークコントロールを正しく行うのに必要なのは歯ブラシを使った歯磨きだからです。

歯磨き粉は確かに進化してきていますが、歯磨き粉に含まれる清涼感で磨けたような気がしている患者さんが増えているのもまた事実です。患者さんには一度歯磨き粉をつけずに磨いてもらって、最後に歯磨き粉を使用して欲しいです。
また、歯ブラシも大きさや毛先のい柔らかさがあっていない人が多い印象を受けます。ヘッドはできるだけ小さく、毛先は柔らかいものを使って細かく丁寧なブラッシングをすると良好なプラークコントロールにつながっていきます。

 

手順をつける

手順をつける

いつも磨き残している部位は先に磨くことをお勧めしています。というのも身体に染み付いている磨き方をすれば汚れが取れる部位を意識する必要がないので、意識して磨く部位を先に磨いてしまおうと言う作戦だからです。

そのため自分なりに歯磨きの手順をつけてみることをお勧めしています。最初に磨き残しの多い部位から磨いて、次にいつも通り磨く、そして最後にデンタルフロスで歯と歯の間をきれいにするといった具合で手順を決めておけば円滑に清掃することができますよね。

→当院の予防歯科・PMTC・定期検診についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^