ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

人工歯はホワイトニングできる?

ホワイトニングは、歯を白くする処置です。天然の歯だけではなく、人工の歯もホワイトニングで白くしたいという方もいるでしょう。人工歯は天然の歯と同様に黄ばむため、目立つところの人工歯が黄ばむことで口元が気になる方もいます。そこで、今回は人工歯が黄ばむ原因や人工歯もホワイトニングできるのかについて解説します。

人工歯が黄ばむ原因

人工歯が黄ばむ原因

人工歯には、レジンやセラミックなどさまざまな種類があります。このうち、レジンは自然に劣化して黄ばみやすいとされています。セラミックはレジンよりも黄ばみにくいのですが、それでも永久に白さを保つことはできません。人工歯の黄ばみは、天然歯の黄ばみと同じく目立つため、しっかり対処していきたいところでしょう。

 

人工歯はホワイトニングできない

天然歯であれば、黄ばんだときにホワイトニングをすれば白い歯を取り戻せます。しかし、人工歯は天然歯と構造が異なるため、ホワイトニングでは白くできないのです。そのため、ホワイトニング以外の方法で歯を白くすることになります。

 

人工歯を白くするホワイトニング以外の方法

人工歯を白くするホワイトニング以外の方法

人工歯を白くする方法は、次の3つです。

■歯のクリーニング
歯科医院で歯のクリーニングを受けることで、人工歯の表面の汚れや着色を取り除けます。ただし、レジンの黄ばみは歯の表面だけのものではないため、高い効果は期待できません。セラミックであれば、歯のクリーニングで十分に白くできるでしょう。

■ホワイトコート
歯医者でホワイトコートの施術を受けることで、白い人工歯を取り戻せます。ただし、表面をコーティングしているだけであるため、約1ヶ月で効果が失われます。

■歯のマニキュアを塗る
歯のマニキュアは、歯を白く塗ることで黄ばみを隠す方法です。ただし、色ムラなく塗ることが難しいため、逆に目立つようになる可能性があります。

歯科医院によって導入している治療法・施術が異なり、費用にも差があります。

いずれも一時的な対策にしかならないため、白さを維持しやすいセラミック素材の人工歯を選ぶことをおすすめします。ただし、セラミックは費用が高くなりやすいため、メリットとデメリットや予算を考慮して選ぶことが大切です。

人工歯はホワイトニングできませんが、セラミック素材であれば歯のクリーニングで白くできる可能性があります。また、応急処置としてホワイトコートや歯のマニキュアを塗る方法もあるため、そのときの状況や人工歯の素材に合わせて対処しましょう。

→当院の審美歯科・ホワイトニングについてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^