ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

え!?耳が痛いのに原因は口の中の口内炎!?

耳が痛くて病院へ行っても、耳には異常がなく原因が分からないことがあるかもしれません。もしかするとその原因不明の耳の痛みは、口内にできた口内炎が原因の場合があります。「耳の痛みと口内炎?なんの結びつきがあるのか」と疑問に思ってしまいますよね。今回は耳の痛みと口内炎の関係について西日暮里駅前デンタルクリニックが紹介します。もしかすると原因不明の耳の痛みが、口内炎を治療することで治るかもしれません。

放散痛とは

放散痛とは

耳の構造のひとつである外耳道という場所には三叉神経の枝が通っています。この三叉神経の枝は舌の後ろ側や舌の下、歯と同じ枝が通っています。実際には耳に何らかの疾患や異常があるわけでないのにも関わらず、同じ三叉神経の枝がある部分に炎症や痛み、口内炎や扁桃炎が起こることで耳が痛いと感じてしまうことを「放散痛」といいます。

 

耳と口の関係

耳の構造のひとつである中耳道は、喉と耳菅を介してお口の中と間接的に繋がっています。口内炎が起こる原因のひとつにウイルスや細菌の繁殖・感染があります。お口の中のウイルスや細菌が繁殖・感染している状態でなおかつ、中耳道内に移動して炎症を起こすと「中耳炎」となり耳が痛くなってしまいます。
耳下腺は唾液を産生する組織のひとつで耳の下に存在します。耳下腺で作られた唾液はステノン管という管を通ってお口の中に唾液を分泌させます。お口の中にウイルスや細菌が繁殖すると、ステノン管を通じて耳下腺にウイルスや細菌が流れ込んで「耳下腺炎」となり耳が痛くなってしまいます。

 

治療をしないと治らない場合

治療をしないと治らない場合

放散痛は耳の痛みの原因となっている部分の治療や、神経を落ち着かせる治療などで治ります。また放散痛は治療を行わなくても過敏になった神経が落ち着くことで痛みが和らぐため、自然と治ることもよくあります。
口内炎が原因で起こる放散痛の場合、口内炎の治療を行うとすぐに治ります。しかし中耳炎や耳下腺炎の場合、耳の痛みの原因となるウイルスや細菌をなくす必要があるため、抗ウイルス薬や抗生物質を使って治療しなくてはなりません。

 

歯医者さんで診てもらおう

口内炎が心配な場合は歯科で診てもらうことができます。誤って噛んでしまうことや入れ歯によってお口の中の粘膜が傷ついてしまい、口内炎ができることもあります。長い間歯医者さんでメンテナンスを行っていないと、知らない間にこういったトラブルを引き起こしている可能性があります。また、なかなか治らない、繰り返す口内炎には注意しましょう。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^