ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

オールセラミック治療にもデメリットはあるの?

きれいな歯にしたければオールセラミックが良いよと話を聞きませんか?確かにオールセラミックはきれいです。そして技術や歯科材料も進化してきて自然な歯との見分けがつかないと言っても過言ではないくらいまで精度が上がってきています。
しかし、オールセラミックにもデメリットがあることを知っていましたか?これからオールセラミックにしようとしている患者さんへ、西日暮里駅前デンタルクリニックがご説明します。
コラム全文を読む

歯磨きの磨き残しが虫歯の原因に!正しいプラークコントロールの方法

どんなに歯磨きをしても磨き残しがあると虫歯ができる原因になります。磨き残しを少なくして虫歯のリスクを下げなければいけません。皆さんは磨き残しを少なくするのは難しいと思っていませんか?そんなことはありません。

ちょっとした工夫で磨き残しを少なくできます。磨き残しの有無やプラーク付着の有無でプラークコントロールは大きく変わってきます。虫歯になるか否かのリスク評価もプラークコントロールで評価されます。西日暮里駅前デンタルクリニックと一緒に正しいプラークコントロールをしませんか?

コラム全文を読む

激痛で涙がでそう!神経に直接打つ麻酔はどういうケース?

虫歯治療や親知らずの治療、または歯石除去や歯磨き指導など、口内の様々なトラブルに対応してくれるのが歯医者さん。そんな歯科治療の中でも特に痛い治療、とされているのが、虫歯治療などで神経に直接麻酔を打つ、というものです。今回は、どういうケースで神経に直接麻酔を打つのかを、西日暮里駅前デンタルクリニックがご紹介します。

コラム全文を読む

歯周病で歯がボロボロに…抜歯をおすすめするケースは?

子供のころ乳歯が抜けて永久歯に生え変わるときに、歯がグラグラした経験があるでしょう。しかし、大人になっても歯周病が原因で歯がグラグラしてしまうことがあります。歯医者さんの多くは、歯を残してあげたいと思っていますし、自分自身も歯を多く残したいと考えているのは当然でしょう。しかし、中には抜いたほうが良い事例もあります。歯周病で抜けそうな歯を残すべきなのか、それとも抜歯すべきなのかの判断について西日暮里駅前デンタルクリニックがお話しします。

コラム全文を読む

【百害あって一利なし…】タバコは歯肉の老化も促進するらしい

タバコを吸っている人は年々減少してきています。しかし、残念ながら日本は先進国の中で喫煙者数は多い方です。タバコが健康を害するものということは常識となっていますが、口内の老化も促すということをご存知でしょうか?

コラム全文を読む

知覚過敏は完治する?再発する可能性は?

知覚過敏はエナメル質の下にある象牙質が露出することで引き起こされます。象牙質の中に走っている象牙細管という管を通って、刺激を痛みとして神経に伝えます。知覚過敏は一過性の痛みなので急に痛みますが治療をすればすぐに痛みが治まるのが特徴です。そのため、知覚過敏の治療中に歯医者へ通わなくなったという人も少なくありません。歯医者へ行かず放置しても良いのでしょうか?西日暮里駅前デンタルクリニックがお答えします。

コラム全文を読む

金属アレルギーでも大丈夫!インビザライン治療で綺麗な歯並びを手に入れよう

金属アレルギーの方は、ピアスやネックレス、時計などのアクセサリーを気軽に身につけることができなく苦労していることがあるかと思います。金属アレルギーは一度なってしまうと治すことは難しいと言われています。アクセサリーなどが直接肌に触れないように気をつけていても、歯の詰め物に使われている金属にアレルギー反応をおこしてしまう場合があります。

コラム全文を読む

従来のマウスピースと何が違う?インビザライン矯正の特長とは

インビザラインというものをご存知でしょうか。透明なマウスピースの強制措置のことですが、従来のマウスピースと比較とどこが違うのか。今回はその部分をまとめていきます。

コラム全文を読む

食生活の変化が原因かも!歯並びと咀嚼の意外な結びつきとは?

昭和に比べ、平成の今では食生活が大きく変わっていきました。大きく変わったのは戦後復興の過程からでしょう。第二次世界大戦で敗戦してから日本へは外国人も多く来日するようになり、外国企業の参加も多く見られました。
今と昔を比べることはもしかしたらナンセンスなことかもしれませんが、明らかに変わっていることがたくさんあります。

コラム全文を読む

理想の「咀嚼回数」は一口あたり何回?

子供のころ「よく噛んで食べなさい」と言われていたことをふと思い出すことがあります。忙しい現代社会において、ゆっくりとご飯を食べる時間はそんなにありません。また、食生活文化の変化も影響して、できるだけ早く提供されて早く食べることができるファーストフード店へ行くことも増えています。
ご飯のように噛む食事から蕎麦やうどん、ラーメンなど麺類文化も浸透してきています。
歯科医学の観点からも現代人の大きな問題の一つである「噛む」ということについて西日暮里駅前デンタルクリニックと一緒に考えていきましょう。

コラム全文を読む

2 / 41234
  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^