矯正歯科

歯並びだけではない矯正治療

歯ならびが悪ければ、当然のことながらかみあわせが悪くなり、それを不正咬合といいます。
前歯はきれいにそろっているかのように見えても、奥歯のかみあわせが悪かったり、アゴが狭くてかみあわせが横にずれているなど、さまざまなケースが考えられます。
多少、歯ならびやかみあわせが悪くても、人間には順応性があるため、食事の際、困るということはそれほどないかもしれません。

矯正歯科で手に入れる笑顔しかし、歯ならびが悪ければ、どうしても歯磨きがすみずみまで行き届かず、ムシ歯、歯周病になりやすいことは確かです。
それに歯ならびが悪いことがコンプレックスになって、人前で思い切り笑えないなど、対人関係面での問題も見逃せません。

矯正治療は、この不正咬合を治し、虫歯や歯周病になるのを防ぎ、食物を良くかめるようにするだけでなく、歯を中心とした咀嚼器官、顔の形、機能の回復をはかるなど、すてきな笑顔と健康を一段と増進させる治療です。

小児矯正当院では、小さなお子様でも歯並びなどの相談もしております。お気軽にご相談下さい。


矯正歯科の治療の流れ

無料コンサルティング

カウンセリング
患者さまの希望や不安などを詳しく伺います。


矢印
資料作成

レントゲン撮影
X線や歯型を取ります。


矢印
コンサルティング

費用の説明
X線や歯型を見ながら患者様の希望を念頭に治療計画や料金の説明を行います。


矢印
治療開始

定期的な調節
矯正装置を付けて歯並びを整えます。
治療期間は成長期以降の方は2~3年程度、成長期のお子様は成長発育に合わせて治療を行う必要があるため、3~7年程度とお考えください。
通常3〜4週間に1度で来院していただきます。
治療時間は30〜60分です。


見えないマウスピースを使った矯正インビザライン

それは、取り外し式の透明のマウスピースを用いておこなう新しい矯正治療です。装着していても目立ちません。まずは一度カウンセリングを。

インビザライン

全世界で100万人以上の患者さんの治療に使用されている透明な“マウスピース”のような矯正装置です。
ワイヤーを使用していないので、装着しているのがほとんどわかりません。また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。