審美歯科

審美歯科治療

審美歯科で手に入れる笑顔「歯の色や、歯肉の色が気になる」、「銀歯を見たくないので、大きく笑えない」、「自分の笑顔にもっと自信を持ちたい」そんな悩みをかかえている方も少なくないのではないでしょうか。
そういった想いに応えるのが「審美歯科治療」です。

補綴物(被せ物)について

被せ物補綴物とは虫歯などの治療の後に修復材となるかぶせ物や詰め物を指します。補綴物には金属やプラスチック、クラウンなど様々な種類があり、保険適用のものとそうでない保健適用外のものとに分けられます。
また、患者様によっては、金属の材質で作られているものに、アレルギー反応を起こしてしまう場合もあります。
そのため当院では、まずはしっかりとした検査とカウンセリングを行い、患者様のご要望をしっかりお伺いした上で、患者様の口内環境に合わせた補綴物を複数ご提案しております。

歯を白くするホワイトニングの効果と治療の流れ

当院では、歯を削ったり、神経を抜いたりせずに短期間で効率よく歯を白くすることが出来るホワイトニングを行っています。
治療を始めるにあたり、その内容や回数についてご確認いただき、以下の注意事項をよく読んでお守りください。

コンサルテーション

カウンセリング歯をどの程度白くしたいのか等のご希望をお伺いさせていただきます。

当院では、きちんと納得のいく説明を受けていただいてからホワイトニングの治療を受けていただいております。
疑問点がある場合には、お気軽にお尋ねください。



ホワイトニング

ホワイトニング塗布歯の漂白効果には個人差があります。
前回のホワイトニング処置では十分に白くならなかった方、また、さらに歯を白くされたい方に対して、継続して処置を行っていきます。




ホワイトニング処置の継続

ホワイトニング患者様の理想の白さに近付くまで繰り返し処置を行って参ります。





注意事項
※治療中や治療後に、歯や歯茎に違和感が出ることがあります。その際は遠慮なく担当の医師に申し出てください。
※治療後、歯茎が白くなることがありますが、約2時間で元に戻りますので心配はありません。
※治療後48時間(2日間)は、着色性の食物を避ける様にしてください。
例)タバコ・お茶・トマトケチャップ・カレー・コーラ・コーヒー・赤ワイン・その他色の濃いもの治療後、歯は着色物の影響を徐々に受け、約2~3年で再漂白が必要となる場合があります。
※再漂白は通常1回で行えますので、ぜひご来院ください。