ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

自宅で出来る!歯の着色汚れを予防する方法

美容について興味のある方であれば、歯の黄ばみについて一度は気にしたことがあるのではないでしょうか。毎日しっかりと歯磨きをしているはずなのに気づいたら出てきてしまっている黄ばみの原因と予防方法について、西日暮里駅前デンタルクリニックがご紹介していきたいと思います。

歯の黄ばみの原因とは

歯の黄ばみの原因とは

歯の黄ばみの原因になるものとして最も多いのは、ステインと呼ばれる着色汚れです。ステインは、ポリフェノールやタンニンによって発生するものでよく知られているものとしてはコーヒーや紅茶、赤ワインなどに含まれています。他にも、チョコレートやカレーなどの食べ物にも含まれているので注意が必要です。他に代表的な原因としては、タバコのヤニなどが挙げられます。これは、タバコに含まれるタールという成分が原因となります。これらを摂っていてもきちんと毎日ケアをしていればすぐに着色汚れが発生することはありませんが、少しずつ蓄積することで頑固な黄ばみとなってしまうのです。

 

歯の黄ばみの解消方法

このような頑固な黄ばみを自宅でケアする方法としては、ホワイトニング専用の歯磨き粉などを使用するという方法があります。ホワイトニング専用の歯磨き粉は、通常の歯磨き粉と比べてステインを浮かび上がらせる効果が高いものや研磨作用が高く、黄ばんだ歯の表面を研磨することでホワイトニング効果が期待できるものとなります。
研磨作用がある歯磨き粉のホワイトニング効果は高いですが、使いすぎると歯の表面を必要以上に削ってしまい逆に着色しやすくなってしまうものもあるので使いすぎや研磨作用が強すぎるものには注意しましょう。
また、歯科での指導のもとになりますが、ホームホワイトニングといって自宅で行うものがあります。

 

歯の黄ばみの予防方法

歯の黄ばみの予防方法

黄ばみが発生してからはホワイトニングなどの対処方法がありますが、そもそも黄ばみが発生する前の段階でできる予防方法はないのでしょうか。自宅でできる予防方法として1番効果的だと言えるのは、非常に基本的なところではありますが丁寧な歯磨きです。
食事後には、少しでも着色成分を口の中に残さないようにするためにすぐに口をすすぐようにし、その後はしっかりと歯を磨くようにしてください。この時、力を入れすぎて磨いてしまうと歯の表面が脆くなり、着色が進行してしまうことがあります。力はあまり入れず、優しくこまめにブラシを動かすようにして丁寧に磨くようにしましょう。もし外出中などですぐに歯磨きができない場合には、ガムを噛むことも効果的です。

→当院の審美歯科・ホワイトニングについてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^