ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

歯周病で歯がボロボロに…抜歯をおすすめするケースは?

子供のころ乳歯が抜けて永久歯に生え変わるときに、歯がグラグラした経験があるでしょう。しかし、大人になっても歯周病が原因で歯がグラグラしてしまうことがあります。歯医者さんの多くは、歯を残してあげたいと思っていますし、自分自身も歯を多く残したいと考えているのは当然でしょう。しかし、中には抜いたほうが良い事例もあります。歯周病で抜けそうな歯を残すべきなのか、それとも抜歯すべきなのかの判断について西日暮里駅前デンタルクリニックがお話しします。

歯を抜いたほうが良い状況

歯を抜いたほうが良い状況

歯を抜くのか残すのかの判断をするときは、その歯と治療計画をよく検討する必要があります。

■入れ歯を入れようとしている場合
入れ歯を入れようとしている場合、部分入れ歯にするのか総入れ歯にするのかで歯の状態を見極めなければいけません。部分入れ歯をする場合は、残っている歯に金属のバネをかけなければいけません。バネのかかっている歯には大きな負担がかかります。歯周病でグラグラしている歯にバネをかけても抜けてしまうことになるので予め歯を抜くという選択をします。

■歯が折れている場合
歯周病には歯周組織からくる歯周病と、咬合力が強すぎるため歯周組織へ影響を与えてしまう歯周病の2種類があります。中でも咬合力が強い場合は、歯に長い時間負担がかかっていたため歯が折れていることがあります。歯が折れていると整復しても元通りになる可能性が低いので抜歯することが多いです。

 

グラグラしていても歯を残したいときは

歯がグラグラしていても歯を抜きたくないときは、次の処置を行うことが多いです。

■固定する
両隣や片側にでも歯が残っている場合は周囲の健康な歯と固定します。他の歯が歯周病でないという前提が必要になりますが、固定することで噛んだ時の力も分散されるのでグラグラしていても問題なく噛むことができます。

■歯の清掃をしながら経過観察する
どうしても歯を残したい場合は、歯の清掃をしながら経過観察をします。残っている歯はすでに歯周病になっていますが症状をそれ以上進行させないためにも、歯のクリーニングや歯の表面をツルツルにする処置が必要になります。

 

歯を抜いた後の処置

歯を抜いた後の処置

歯を抜いた後は入れ歯やブリッジをすることが多いですが、歯周病の治療が終わっていないと補綴物を入れてもすぐにダメになってしまいます。土台がしっかりしていないと上にどんなことをしてもダメになってしまうのです。歯を抜いた後でも歯周病の症状が出ている場合は、まず治療することをお勧めします。

→当院の歯周病治療についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^