ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

歯の生え方や歯並びに影響する?子供のおしゃぶりの危険性

赤ちゃんがおしゃぶりや指しゃぶりをしている姿は、可愛らしく微笑ましいものです。しかし、おしゃぶりや指しゃぶりを続けると歯並びが悪くなると聞いたことがあるのではないでしょうか。歯並びが悪くなるのであれば、やめさせたいと思いますよね。赤ちゃんがおしゃぶりや指しゃぶりをしているときは、精神的に落ち着いているように感じます。泣き止んで静かになるので、お母さんの育児ストレスも減りますよね。
では、何で赤ちゃんが指しゃぶりやおしゃぶりをするのか、歯並びにどんな影響を与えるのか西日暮里駅前デンタルクリニックと詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんは何でおしゃぶりや指しゃぶりをするの?

赤ちゃんは何でおしゃぶりや指しゃぶりをするの?

赤ちゃんがおしゃぶりや指しゃぶりをするのは、生まれた時から備わっている反射的な物です。おっぱいや哺乳瓶に吸い付くように、唇に触れたものを反射的に吸うといった生理的に行ってしまう動作です。何かを吸っていると精神が落ち着くので3歳ごろまでは続けている子がいます。3歳以降もおしゃぶりや指しゃぶりが続いている場合は、癖づいてしまった、精神的情緒に関わることが原因、生活環境が影響していることが考えられます。

 

おしゃぶりや指しゃぶりは歯並びに影響するの?

おしゃぶりや指しゃぶりは、歯並びに悪影響を与えることがあります。歯が生え揃う時期には、歯や顎の成長の邪魔をしてしまう可能性があるのです。おしゃぶりや指しゃぶりを続けると歯の生え方や歯並びが変わってしまい、上の歯と下の歯の間に隙間ができてしまう開咬(かいこう)や、前歯が突き出す出っ歯になりやすくなるのです。
乳歯の奥歯が生え揃う2歳半~3歳過ぎには奥歯の噛み合わせがずれてしまう、交叉咬合(こうさこうごう)を起こしてしまうこともあります。歯の生え方や歯並びだけではなく、言葉の発音がしにくくなる、上顎がめくれてしまう、口呼吸になる心配もあります。遅くとも2歳半までにおしゃぶりや指しゃぶりをやめるようにしたほうが良いといえるでしょう。

 

おしゃぶりや指しゃぶりのやめさせ方

おしゃぶりや指しゃぶりのやめさせ方

子供が言葉を理解できるようになったら、何でおしゃぶりや指しゃぶりがダメなのかを伝えてみます。子供に分かるように「手には、ばい菌がたくさんついているので食べちゃうことになるよ」などと言ってみるのです。手に好きなキャラクターの絆創膏を貼るとやめるケースもあります。好きなキャラクターでテンションが上がり、絆創膏を貼るのも楽しい作業ですよね。寝る時は手をつないであげる、絵本を読んであげると安心しておしゃぶりや指しゃぶりを卒業できることもあるでしょう。

→当院の矯正治療・お子様の歯列矯正についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^