ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

妊婦さんになる前に歯を治療しておきたい!その理由は?

妊娠中は体調の変化があったり、妊娠の時期によっては歯科治療を受けることができない場合もあります。お腹が大きくなっているのに歯が痛くて我慢できない!なんてことになったら大変ですよね。妊娠前に歯の治療を終えておくことで様々なメリットがあります。
西日暮里駅前デンタルクリニックと一緒に詳しく見ていきましょう。

基本的には妊娠中でも歯科治療を受けることができる

基本的には妊娠中でも歯科治療を受けることができる

妊婦さんの場合でも、妊娠時期や使用薬剤などを考慮すれば歯科治療を受けることができます。しかし妊娠さんやお腹の中にいる赤ちゃんの安全を優先したときに、通常の歯科治療を受けることができず、痛みや症状を緩和する対処療法のみを行う場合もあります。

 

外科処置や親知らずの抜歯は行うことができない

緊急性のある外科処置以外、妊娠中は外科処置を行うことができません。インプラントや歯周外科治療、親知らずの抜歯など外科処置を必要とする治療は、妊婦さんやお腹の中にいる赤ちゃんの安全を考慮するため行うことが避けられてしまいます。
インプラント治療などを検討中の方は、妊娠前もしくは出産後に治療を行うことができますから確認しておきましょう。

 

見出産後はなかなか歯医者さんに通えない

出産後はなかなか歯医者さんに通えない

出産後は身の回りのことや赤ちゃんのことで忙しくなって、自分のことは後回しにしてしまいがちです。また、せっかく時間を作っても歯医者さんの予定と自分の予定が合わなければ、歯医者さんに行く機会を失ってしまいます。
また、赤ちゃんのお口の中には虫歯の原因となる細菌がもともと存在しません。歯が生えてくると虫歯の原因となる細菌が、大人の唾液を介して侵入してきます。虫歯がある大人と接することで、子供に虫歯を移してしまうリスクが上がってしまうのです。赤ちゃんが生まれてくる前に虫歯の治療を終えることが重要になってくるでしょう。

 

虫歯や歯周病で早産の危険も

虫歯や歯周病の原因となる細菌はお口の中のみに留まりません。虫歯や歯周病の原因となる細菌は血液を介して体内に侵入し、早産や低体重出産のリスクを高めてしまいます。飲酒や喫煙といったことでも同様に早産や低体重児出産のリスクがあるとされていますが、虫歯や歯周病は更にリスクを高めることがわかっています。
妊娠する前に全ての歯科治療を終えていれば、心配する必要はありません。忙しく時間がなかなか合わないこともあるかもしれませんが、後回しにしてしまうと結局そのままになってしまうこともあります。自分の健康のためにも気が付いたときに歯医者さんに行ってみましょう。

→当院の一般歯科・虫歯治療についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^