ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

不正咬合の身体への悪影響|頭痛が出るメカニズム

噛み合わせが悪いことを「不正咬合」と言いますが、不正咬合は見た目の問題だけでなく、体のバランスにも影響を及ぼすことをご存知でしょうか?噛み合わせは全身の筋肉のバランスにも大きく関係しています。なかなか改善されない頭痛や肩こりはもしかすると不正咬合が原因になっているかもしれません。

噛み合わせと頭痛の関係

噛み合わせと頭痛の関係

噛み合わせが悪いと、食事の時に噛みやすい部分だけで咀嚼していたり会話の際に顎を片方しか使っていなかったりという状態になっていることがあります。顎の筋肉は偏った使い方をしていると、周りの筋肉が緊張状態になってしまいます。顎の筋肉は頭にまで繋がっているので、筋肉の緊張状態=凝っている状態が続くと血流が悪くなって、頭痛の原因となってしまうのです。
また、頭は頚椎と歯を噛み合わせる筋肉で支えているので、不正咬合によって筋肉のバランスが乱れていると、頚椎に負担がかかり歪みが生じてしまいます。これが頭痛の原因になってしまうことがあります。

 

生活習慣を見直してみる

噛み合わせの悪さが気になっている場合は、一度歯医者さんに相談し矯正治療を検討してみましょう。また、詰め物や被せ物が原因で噛み合わせに影響している可能性もあるので、歯科検診を受けて診てもらうこともオススメです。歯ぎしりや強く食いしばる癖が噛み合わせを悪くしている場合もあるのでマウスピースを使用するなどで改善されることもあります。
噛み合わせは生活習慣と大きく関係しているので日々の生活の中で気をつければ頭痛の改善につながることもあります。食事中に意識して左右均等に噛むなどは自分ですぐにでも始められるでしょう。また、頬杖をつくことも歪みを引き起こす原因になります。他には、いつも同じ方にカバンを持っていたり、足をくんで座るなどもよくありません。このような習慣を見直すことで噛み合わせが悪化することを防ぐことができます。

 

些細なことと軽視しないで

些細なことと軽視しないで

不正咬合によって緊張が続いている筋肉は、顎のマッサージや筋肉のストレッチするなどして血行が悪く凝ってしまった部分をほぐすことも効果があります。また、頚椎がゆがんでしまった場合には、マウスピースで奥歯の高さを調整することで正しい位置に戻すことも可能です。これらの対策は自己流で行うのではなく歯医者さんに相談した上で行いましょう。
噛み合わせは口内だけの問題ではなく全身に影響してしまいます。慢性的に感じている頭痛は噛み合わせが原因になっているかもしれないのです。

→当院のかみ合わせ治療・顎関節症治療についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^