ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

地域お役立ちコラム

荒川区には「南総里見八犬伝」完成記念の『馬琴の筆塚』があります|馬琴が生きた時代の江戸時代の歯科治療とは

荒川区には、「滝沢馬琴」が「南総里見八犬伝」を完成させた記念に建てられた「馬琴の筆塚」という筆塚があります。滝沢馬琴と言えば、甘い物好きであったために多くの虫歯があったことをご存知でしょうか。虫歯は進行すると歯を失う恐れがあるため、早く治療しなければなりません。ここでは、馬琴の筆塚や滝沢馬琴の歯の事情、江戸時代に行われていた治療などについて詳しくご紹介します。

馬琴の筆塚とは

馬琴の筆塚とは

馬琴の筆塚は、1809年に建てられた筆塚です。滝沢馬琴が、現代にも伝わる南総里見八犬伝を完成させた記念に建てられました。滝沢馬琴と言えば、甘い物に目がなく、多くの歯を虫歯で失っていたことで有名です。また、50代ですでに総入れ歯となっていました。

ここで気になるのが、江戸時代は虫歯を治療できていたのかということでしょう。また、総入れ歯があったことに驚いた方もいるのではないでしょうか。そもそも、江戸時代にはどれぐらいの虫歯があったのか、歯を磨く習慣はあったのかなど詳しくみていきましょう。

 

江戸時代の歯に関する習慣

虫歯は、江戸時代の人にもみられることがある病気です。ただし、現代のように甘い飲食物が豊富ではないため、虫歯になる人はそれほど多くなかったことが予想されます。しかし、歯を磨く習慣や正しい方法で磨く技術などが十分でないため、虫歯に苦しむ方は少なくなかったとされています。

 

江戸時代の虫歯の治療法


江戸時代の虫歯の治療では、歯を抜くことが主流だったそうです。現代では、虫歯の部分だけを削って詰め物をしたり、神経を取り除いたりといった虫歯の進行状況に合わせた治療が行われています。

しかし、江戸時代には歯を削る機器などはなかったため、歯が痛む場合は歯を抜いてしまうことが一般的でした。

■痛みにはどう対処していたのか
歯を抜くにしても、歯の痛みを抑えるためには痛み止めが必要です。江戸時代には、クローブ油や木炭、漢方薬などが痛み止めとして用いられていました。しかし、現代の痛み止めほどの効果はないため、快適な日常を取り戻せるほどのものではありませんでした。

また、痛みを抑えても虫歯は治ったわけではないため、結局は歯を抜く処置が必要になります。

■どのような入れ歯が使われていたのか
滝沢馬琴が50代で総入れ歯になったことからわかるように、江戸時代にはすでに入れ歯が流通していました。入れ歯師と呼ばれる職業があり、歯の治療ではなく入れ歯を作ることを専門に行っていたそうです。

入れ歯師は、もともと木の仏像を彫る人達でしたが、仏像彫刻の仕事の減少により、同じような技術が必要な歯を彫る仕事を始めたといわれています。

入れ歯の材質は木で、歯茎の形に合わせて作られています。また、金属のバネで隣の歯に引っかけて着ける方法もあるなど、すでに現代の入れ歯の原型のようなものが仕上がっていました。

■一部の富裕層しか治療を受けられなかった
江戸時代には、すでに歯科医師がいたため、虫歯の治療を受けることはできたのですが、一部の富裕層でなければ通えないほどに高額だったそうです。そのため、一般人は歯の痛みを「神頼み」で何とかしようとしていたといわれています。

おはらいや願掛けなどに頼ったり、お守りや護符などを身につけたりするなど、目に見えないものに頼らざるを得なかったそうです。その他、鍼やお灸、生薬を飲む、竹筒を患部に当てた状態で先端部に火を灯すなど様々な民間療法が行われていました。

虫歯は、進行すると歯を失うばかりか顎の骨にまで炎症が拡がることがあります。そのため、一度虫歯になると、健康を大きく損ねていたことが予想できます。

 

江戸時代にも歯ブラシはあった

江戸時代にも歯ブラシはあった

江戸時代には、すでに歯ブラシと歯磨き粉がありました。房楊枝(ふさようじ)と呼ばれる竹や杉、柳などで作られたもので、先端部がブラシ状に加工されています。そこに、歯磨き粉としてトウガラシやハッカ、丁子などを混ぜて作られたものをつけて磨いていました。

効果はわかりませんが、口の中に食べかすや糖分を残さないことが重要であるため、ある程度効果があったと推測されます。現代においては、歯ブラシだけではなく歯間ブラシやデンタルフロスなど、様々な口腔ケア用品が開発されています。

これらを十分に活用して、虫歯や歯周病を防ぐことが大切です。

 

まとめ

江戸時代には、すでに歯ブラシや歯磨き粉がありました。現代では、虫歯や歯周病を防ぐための便利な口腔ケア用品が開発されているので、意識的に使いたいところです。現代では、歯を抜くことなく虫歯を治療できますが、これは悪化する前に治療を受けた場合です。歯を失わないためにも、早めに治療を受け、日ごろから予防を意識しておくことをおすすめします。西日暮里駅前デンタルクリニックでは、虫歯や歯周病を防ぐためのブラッシング指導や定期的な口腔内チェックを行っておりますので、ぜひ一度ご来院ください。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^