ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

知覚過敏は完治する?再発する可能性は?

知覚過敏はエナメル質の下にある象牙質が露出することで引き起こされます。象牙質の中に走っている象牙細管という管を通って、刺激を痛みとして神経に伝えます。知覚過敏は一過性の痛みなので急に痛みますが治療をすればすぐに痛みが治まるのが特徴です。そのため、知覚過敏の治療中に歯医者へ通わなくなったという人も少なくありません。歯医者へ行かず放置しても良いのでしょうか?西日暮里駅前デンタルクリニックがお答えします。

知覚過敏の治療方法

知覚過敏の治療方法

まずは知覚過敏の治療法について列挙します。

1. レーザー治療
レーザー治療といえば美容分野というイメージが強いですが、歯科分野でもレーザー治療は行われていて、主に粘膜の切開や虫歯の治療で使用されています。さらに、レーザーは対応分野が広がっていて、最近では知覚過敏の治療も可能となりました。

2. 薬剤塗布
知覚過敏の治療薬として有名なのは「硝酸カリウム」と「乳酸アルミニウム」です。硝酸カリウムは局所麻酔薬のような役割をしていて痛みを感じにくくしてくれます。乳酸アルミニウムは痛みの原因である象牙細管を塞ぎ、痛みが神経へ届かないようにする作用があります。
以前までは歯医者さんから塗ってもらわなければいけませんでしたが、今では知覚過敏の人向け歯磨き粉の中に含まれているので手軽にケアすることができます。

3. 削れたところを塞ぐ
歯の表面にあるエナメル質が剥がれてしまい、エナメル質の下にある象牙質が露出することで知覚過敏症が起こります。目には見えませんが、痛みを感じる歯の象牙質が露出している部位を修復材で塞ぐことで痛みを抑えることができます。

4. 神経を抜く
痛みが強く、歯も磨けないほど深刻な場合は、歯の神経を抜く処置を行います。ただし、これは最終的な処置なので優先順位は一番低いです。神経を抜いてしまうと歯が弱くなってしまい割れることもあるため、慎重に考えて決断しなければいけません。患者さんも神経を抜くか否かの決断を迫られた時はよく考えてください。

 

歯医者へ行かなくなる理由

歯が痛くなれば歯医者へいきますが、薬や少し処置をしてもらっただけで痛みが治まるのが知覚過敏の特徴です。痛みが治まってしまうと手間や金銭的な面から、患者さんの多くは歯医者へ通わなくなってしまいます。
しかし、これでは知覚過敏が完治しているとは言えません。

 

再発の可能性は?

再発の可能性は?

知覚過敏の痛みが治まっても歯医者へ通わなくなると再発する可能性は十分にあります。せっかく象牙細管を薬やレーザーで塞いでいても歯磨きの仕方次第ではすぐに削れて象牙細管が開くことがあるのです。
また、神経を抜いた状態で放置してしまうと歯がもろく割れやすくなり、細菌感染を起こすリスクを高めます。
しっかりと治療が終わるまで西日暮里駅前デンタルクリニックへ通うようにしましょう。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^