ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

激痛で涙がでそう!神経に直接打つ麻酔はどういうケース?

虫歯治療や親知らずの治療、または歯石除去や歯磨き指導など、口内の様々なトラブルに対応してくれるのが歯医者さん。そんな歯科治療の中でも特に痛い治療、とされているのが、虫歯治療などで神経に直接麻酔を打つ、というものです。今回は、どういうケースで神経に直接麻酔を打つのかを、西日暮里駅前デンタルクリニックがご紹介します。

激痛を伴う髄腔内麻酔

激痛を伴う髄腔内麻酔

歯科治療では、口内の限定された部分に麻酔の効果をかける局所麻酔が使用されます。局所麻酔にも種類があり、表面麻酔や浸潤麻酔などを使い分けて治療にあたりますが、これらは直接神経に麻酔をするのではなく、歯茎に麻酔をかけるのが一般的です。浸潤麻酔で歯茎へ注射する場合もチクっとしたわずかな痛みを伴いますが、これにより骨、歯根に麻酔液が浸透して部分的に麻痺させることが可能となります。しかし、神経に直接麻酔をかけるとなると麻酔針で神経を触るのですから、浸潤麻酔とは比べ物にならないほどの激痛を伴います。これは髄腔内麻酔(ずいくうないますい)と呼ばれ、麻酔としての効果が非常に大きい最後の手段的な麻酔です。次の項目では神経に直接麻酔をする髄腔内麻酔の必要性についてご説明します。

 

麻酔が効きにくいケースで髄腔内麻酔が使用される

本来ならば表面麻酔や浸潤麻酔による麻酔で歯科治療が行われることがほとんどですが、稀に麻酔が効きにくい状況で治療するケースもあります。具体的には、下顎の奥歯や親知らずを治療する時、骨格がしっかりとしていて顎の骨が分厚い時、虫歯がかなり進行しており炎症を起こしている時などでは麻酔が効きづらくなることがあるため、より強い効果を持つ髄腔内麻酔が行わるのです。この際、神経が視認できるくらいまで歯を削りますが、まずその段階である程度の痛みを伴うことがあり、さらに神経に麻酔針で直接注射をすることで激痛となります。痛みは一瞬で、以降は麻酔が効くので強い痛みは発生しませんが、この一瞬の痛みが非常に強いために歯医者に対して恐怖心を抱く、なんてことが多発するようです。

 

神経を抜く時は直接神経に麻酔を打つ?

神経を抜く時は直接神経に麻酔を打つ?

髄腔内麻酔を行う時は歯科治療の中でも最後の手段とされる麻酔法であり、歯の神経を抜く時(抜髄)でも激痛を伴う神経への直接麻酔はあまりありません。もちろん、虫歯治療の場合もほとんどの場合は表面麻酔や浸潤麻酔を併用して行うことが一般的な治療法となっているため、そうそう何度も体験するようなものではないのです。それでも、たった一度の髄腔内麻酔は歯医者へのトラウマを植え付けるだけの痛みを持ったもの。そんな痛みを体験したからこそ、二度とあんな思いはしたくない、と日頃のオーラルケアに熱心になるのかもしれませんね。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^