ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5834-8118
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

地域お役立ちコラム

荒川区の乳幼児健診【1歳6か月児健診】で乳児の歯みがきを学ぼう

荒川区にお住いの方の中には、お子様を出産し、乳幼児健診について詳しく知りたいという方もいるでしょう。早い段階から、お子様の歯の健康に気をつかうことは重要です。そこで今回は、荒川区の乳幼児健診についてと、歯の健康を維持するために必要な歯磨きについてご紹介します。

荒川区の乳幼児健診について

荒川区の乳幼児健診について

荒川区で乳幼児健診の対象となるお子様は、1歳6ヶ月の子です。一般的に、乳幼児健診を受ける前の月に乳幼児健診のお知らせがご自宅に送られます。乳幼児健診があることを知らせてくれるので、受診し忘れることは少ないでしょう。
また、それぞれの子で乳幼児健診をする日が指定されます。もし、指定された日の都合が悪い場合は、荒川区に連絡するようにしましょう。
荒川区の乳幼児健診の内容は、診察、計測、歯科相談などです。診察や計測だけでなく、歯科相談もできるので、お子様のお口に関する悩みを相談して、アドバイスを受けることも可能です。
乳幼児健診には必要な持ち物があるので、忘れ物をしないように事前に確認をしましょう。

 

乳児の歯磨きはいつからスタートさせればいいのか?

乳幼児健診に行けば歯科相談ができますが、その前に「乳幼児の歯磨きはいつからすればいいのか」という点を知っておきたいお母さんやお父さんもいるでしょう。基本的に、歯磨きをスタートさせるのは、お子様の歯が生えてきてからです。
しかし、子供の中には歯磨きを嫌がる子もいます。そのため、スムーズに歯磨きをスタートさせられるように、歯が生えていない時から慣れさせるための方法として、お父さんやお母さんが自分の人差し指にガーゼを巻いて、お子様の口腔内を拭いている人もいます。お子様の口の中をガーゼで拭くことで、異物を入れることになるわけです。そのため、お子様が異物感に慣れることができ、歯ブラシに不快感を抱きづらくなるため、歯が生えた時にはスムーズに歯磨きをスタートさせられます。

また、お子様をお持ちの親御さんの中には、すでに歯が生えており、焦って歯磨きをスタートさせようとしている方もいるでしょう。しかし、生えた瞬間から歯磨きをしていないだけで、すぐに虫歯になる可能性は高くありません。逆に、慌てて歯磨きをしてしまうと、子供が嫌がってしまうこともあります。そのため、もしすでに歯が生えている場合でも、歯磨きをスムーズにスタートさせるために、まずはお子様が歯ブラシに触れられるようにするところから始めてみましょう。

 

歯磨きの正しいやり方

それでは、歯磨きの正しい方法について確認していきましょう。まず、床に正座をします。次に、膝の上にお子様を乗せて、上からお子様の口を覗き込むような姿勢で歯磨きをします。お子様は歯磨きをしている最中に動いてしまう可能性があります。歯磨きをしている最中に動いてしまうと、歯茎を傷つける原因にもなりかねません。そのため、お子様が良く動く場合は、左腕でお子様の頭を支えて固定し、右手で歯ブラシを持ってブラッシングしましょう。こうすることで、頭を固定して安全に歯磨きができます。

ブラッシングをする時は、ブラシを小刻みに動かすようにしましょう。力を入れすぎると、お子様が痛みを感じることがあります。痛いことで歯磨きが苦手になるお子様もいますので、なるべく優しくブラッシングするように心がけてください。
また、磨き残しが多いと乳幼児でも虫歯になる可能性がありますので、できるだけ磨き残しがないように、しっかりチェックしましょう。

 

子供が歯磨きを嫌がった時の対処法

子供が歯磨きを嫌がった時の対処法

「口の中に異物が入るため歯磨きが苦手」という子は少なくありません。実際に歯磨きを嫌がるお子様をお持ちの親御さんもいるでしょう。しかし、歯磨きを嫌がった時の対処法があるので、知っておくと便利です。
歯磨きを嫌がった時の対処法のひとつとして、歯ブラシを買い直すことが挙げられます。というのも、歯ブラシが原因で嫌がっている可能性があるからです。西日暮里駅前デンタルクリニックでは、乳幼児の歯ブラシを選ぶ時、柔らかい毛の歯ブラシを選択することをおすすめしています。毛が硬いとお子様が痛みを感じる可能性が高くなるため、乳幼児に適した歯ブラシとは言えません。また、握りやすい柄の歯ブラシを選択することで、余分な力がかかりづらいため、さらに痛みを感じづらい歯ブラシを選択できるでしょう。

そのほかの対処法としては、歯磨き粉を見直すことも挙げられます。大人用の歯磨き粉を使用すると、飲み込む危険性もあるので、適切ではありません。市販でも赤ちゃん用のものが販売されているので、できるだけそのような歯磨き粉を選ぶようにしましょう。もし、赤ちゃん用の歯磨き粉を嫌がるのであれば、味を見直してみてください。ぶどうやいちごなど、味が付いている歯磨き粉が複数種類あるので、ぶどう味で嫌がる子はいちご味に変更して味を変えるのも対処法のひとつです。もし、何をしても嫌がるのであれば、歯磨き粉の使用を控えるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、荒川区の乳幼児健診と、子供の歯磨きについてご紹介しました。どうしても子供が歯磨きを嫌がるようであれば、乳幼児健診や歯医者さんで相談しましょう。西日暮里前デンタルクリニックでも小児歯科を扱っているので、お子様の歯のことで悩みがある方は相談してみてはいかがでしょうか。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
日暮里駅前デンタルクリニック
日暮里駅前デンタルクリニック
^