食事からでも摂取できる!味噌汁で美味しく「フッ素」を摂ろう!

「フッ素」という言葉には、なんとなく歯に良いイメージがあると考える人も多いのではないでしょうか。現在でもフッ素入り歯磨き粉が販売されており、歯の健康のために必要な成分として有名なフッ素。しかし、具体的にフッ素の何が歯に良いのか、その理由まで知っている人は少ないと思います。そこで今回は、フッ素が歯の健康に役立つ理由、そして食事からフッ素を摂取する方法についてご案内します。フッ素を手軽に取り入れ、歯の健康維持に役立ててください。

 

フッ素が歯の健康に良い理由とは?

フッ素が歯の健康に良い理由とは?

私たちの口の中に、常に存在する虫歯菌。通常は何の問題もありませんが、この虫歯菌たちは食べ物をエサに増殖し、口内を酸性に変化させます。酸性になると、歯の表面のエナメル質やカルシウム、リンが溶けるため、虫歯になりやすくなるというデメリットがあります。
しかし、フッ素には溶け出したカルシウムやリンをもう一度歯にくっつける「再石灰化」という重要な役割があります。フッ素がうまく口内で働くことで歯が守られ、虫歯予防にも役立つという訳です。さらに、フッ素は再石灰化だけでなく酸から歯を守るコーティングの役割も果たします。保護と予防、両方の面から歯の健康をサポートしてくれる強い味方です。

 

フッ素を塗るための2つの方法

歯の健康維持に必要なフッ素を、直接歯に塗るためには2つの方法があります。ひとつは歯医者さんによって行われる、医療フッ素を塗ることです。ただし、基本的には医療フッ素を塗るのは、乳歯や永久歯が生えはじめてきた小さな子どものみが対象です。大人は、もうひとつの方法である市販のフッ素が含まれる歯磨き粉を使うことが一般的です。
医療フッ素と、歯磨き粉に含まれるフッ素。大きな違いはフッ素の濃度にあります。しかし、濃度が低いフッ素であっても毎日使い続けることで歯に浸透します。長い目で見ながら持続することが大事です。

 

知っておきたい、フッ素が含まれている食品

知っておきたい、フッ素が含まれている食品

歯の健康維持に役立つフッ素ですが、実は私たちの身近な食品の中にも含まれていることをご存知でしょうか。フッ素濃度をわかりやすく表す単位は「ppm」と言います。食品1kg中に含まれるフッ素が1mgの場合、1ppmと記します。例えば、海藻であれば2ppm~14ppm。牛肉であれば平均2ppm。

ちなみに、フッ素濃度も高く使い勝手が良い食品が「味噌」です。味噌のフッ素濃度は、高いものであれば12ppmです。味噌汁にすることで毎日手軽に摂取することが可能です。さらに、より効率よくフッ素を摂取したい場合は味噌汁の具を海藻にすると良いでしょう。