矯正歯科治療中でも歯のクリーニングは出来る?

皆さんは歯の矯正治療をしたことはありますか?自分ではしたことがなくても友人や家族がしたことがある、または今矯正中であるといった人は少なくないはずです。歯並びは第一印象において大きなファクターとなります。近年矯正歯科を受診する人は増え、歯科矯正に興味がある人も増えてきています。これに伴い歯科矯正についての様々な疑問が出てくると思います。今回はそのうちの1つである矯正治療中の歯のクリーニングについて紹介します。

 

矯正治療の種類

矯正治療の種類

一口に矯正治療と言っても、その治療法には様々な種類があります。簡単に分けるとマウスピースをつけるものと針金のような金属の線を用いた矯正装置を歯に着けるものがあります。矯正装置を用いる治療法は歯の外側につける場合と内側につける場合があります。マウスピースを使う場合は食事と歯磨き以外の時に着けて過ごします。矯正装置を使う場合は、装置を歯に直接着けてそのまま過ごしてもらいます。

 

クリーニングの難しい矯正治療

マウスピースを使う矯正治療では食事と歯磨きの時に外してお掃除ができるのでクリーニングが簡単です。しかし矯正装置を用いる場合は、装置を歯に直接着けてそのまま固定してしまうので自分では外せません。よって矯正装置を着けたまま過ごし歯磨きや食事をしなければなりませんが、歯と矯正装置の間の隙間は狭く歯ブラシではなかなか綺麗に磨けません。だからといって無理に強く磨くと歯を傷付けてしまいます。

 

クリーニングをしないとどうなるか

クリーニングをしないとどうなるか

矯正装置を付けている期間中に歯磨きを怠ってしまうと、歯と矯正装置の間や装置自体に汚れや食べかすが残ってしまいます。矯正治療中は特に歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなっているからです。この状態を続けてしまうと虫歯や歯周病になる可能性が大きく上がります。また矯正装置によっては虫歯や歯周病の治療が行えず、矯正治療が終了した後にやっと虫歯や歯周病の治療を開始できるという状態となることがあります。

 

クリーニングの仕方

矯正治療中も綺麗なお口を保つためには自分でしっかり歯磨きをして、定期的に歯科に行き歯医者さんにクリーニングをしてもらう必要があります。自分で歯磨きをする時は普段より時間をかけ丁寧に磨き、デンタルフロスや歯間ブラシ等の補助器具を使うとより綺麗に磨けます。それでも磨き残しがある場合は歯医者さんに装置の点検と一緒に歯とお口のクリーニングをしてもらいましょう。