毎日の食卓に味噌汁をプラス!味噌汁で歯が強くなる理由

歯の健康に興味がある方は「歯に良くない食べ物」についてお調べになっている方が多いと思います。
歯を守るには毎日の歯みがきだけでなくできるだけ歯に良くない食べ物を避けることも大切ですが、反対に歯を強くする食べ物があれば毎日の食卓に取り入れたいところです。
歯に良い食べ物はいくつかありますが、日本人には馴染み深いお味噌汁も歯の健康に一役買ってくれることをご存知でしたでしょうか?
今回はお味噌汁に着目して、歯の健康にどのように役立つのか見ていきます。

 

なぜお味噌汁が歯を強くするの?

なぜお味噌汁が歯を強くするの?

お味噌汁が歯を強くしてくれる理由は、歯を修復してくれる各種の栄養素をバランスよく摂ることが容易になるからです。
私たちの歯はお口の中で常に脱灰(歯の成分が少しずつ溶け出すこと)と再石灰化(逆に歯の成分を取り入れて溶けた歯を修復すること)を繰り返しています。
口腔内の細菌が作り出す酸性物質は脱灰を促進しますが、唾液に含まれる成分や食べ物に含まれる栄養素の力で再石灰化し、歯を修復することができるのです。
お味噌汁は再石灰化を促す栄養素を取りやすいのでHP等で推奨している歯医者さんもいらっしゃいます。
ではお味噌汁のどんな成分が歯に良いのか見てみましょう。

 

お味噌にはカルシウムが豊富

お味噌といえば発酵食品であることから整腸作用などの健康パワーが注目されていますが、大豆を原料としたお味噌は実はカルシウムを豊富に含む食品です。
歯は元々骨と同じですから、骨を強くすると同じように歯を強くするにはカルシウムを補給することが大切になります。
お味噌汁からカルシウムを直接歯に補給することで、自然と歯の補修が促進されることになるわけですね。
さらにお味噌汁が優秀なのは、多くの具材を入れることができるので、カルシウム以外の有用な栄養素をバランスよく摂れる点にあります。

 

お味噌以外の栄養素

お味噌以外の栄養素

歯の健康を保つにはカルシウムだけでなく、これを歯に取り込みやすくさせるビタミンDを含むきのこ類、リンを多く含むワカメなどの海藻類、ビタミンAを含むニンジンなどの野菜類などを一緒に取ることが大切です。
お味噌汁に合うこれらの具材を入れることで、体全体だけでなく歯にも良い健康スープになってくれます。
食べ物であり、飲み物でもあるお味噌汁は汁に溶けだした栄養素も摂ることができるので無駄がなくとても優秀と言えます。
近年は日本食離れもあって、「最近味噌汁の出番が少ないなあ」と思う方もいらっしゃるかと思います。
歯の健康の為にもお味噌汁をぜひ食卓に上げてみてくださいね。