歯周病の痛みを無痛麻酔で緩和してから治療する方法はあるの?

歯周病は初期の段階では自覚症状があまりなく、気付かないうちに症状が進行しているケースが多い病気です。歯周病は進行すると歯茎の痩せや歯のぐらつきなどの様々な症状が現れますが、「痛くなってから初めて歯医者さんへ行く」という人が多いのではないでしょうか。歯周病を長期間放置していると炎症が骨まで達し、最悪の場合は歯を抜くことになります。そんな恐ろしい歯周病ですが、なんと日本人の80%が歯周病だとも言われています。

 

歯周病の段階

歯周病の段階

歯周病が起こる原因はプラークという細菌の塊です。食べ物に含まれる糖分と口の中にいる細菌によってプラークは作られます。このプラークが歯面に付着し、放置されると「歯周病」になります。歯周病は軽度、中程度、重度の三段階に分けることができます。歯周病は完治することが出来ず、症状の進行を抑えることしか出来ません。よっていかに早い段階で治療を受けるかが重要となります。

 

歯周病治療の流れ

歯周病治療で最初に行われるのはブラッシング指導と歯石取りです。ブラッシング指導では歯ブラシの選び方から磨けていない部分の歯ブラシの当て方など歯磨きに関するあらゆることを教わります。歯石取りは専用の器具を使って歯石が溜まりやすい歯肉溝など隅々まで歯石を落とします。

 

痛みを伴う場合、どうすればいいの?

痛みを伴う場合、どうすればいいの?

炎症によって痛みを伴う歯周病の場合、治療中に痛みに耐えることが出来るか不安がありますよね。また、歯石取りは歯周病が酷くなるにつれ痛みを生じやすくなります。痛みに耐えながら治療を受けることはとても辛く、歯医者さんへ通わなくなる原因のひとつになりかねません。そんな痛みに耐える自信がない人にお勧めしたいのが無痛麻酔です。

 

無痛麻酔とは?

無痛麻酔とは局所麻酔を行うことで治療を無痛の状態で行う方法です。局所麻酔の方法は表面麻酔と浸潤麻酔の2つがあります。表面麻酔は歯茎に塗るタイプです。表面麻酔は針を使わずに行うことが出来、浅い部分の歯石を取るときに効果的です。浸潤麻酔は針を使って歯茎の中に麻酔液を注入するタイプです。浸潤麻酔は歯の神経そのものを麻痺させるため、深い部分の歯石を取るときに効果的です。

 

不安があれば相談しよう

歯科で使われる麻酔は比較的安全ですからほとんどの人が無痛麻酔での治療を受けることが出来ます。また麻酔で使われる針が苦手な人に使われる超極細の針や電動注射器などを使う歯医者さんも増えてきています。「歯周病治療時の痛みが不安だ」と感じている人は歯医者さんで相談してみてはいかがでしょうか?