従来のマウスピースと何が違う?インビザライン矯正の特長とは

インビザラインというものをご存知でしょうか。透明なマウスピースの強制措置のことですが、従来のマウスピースと比較とどこが違うのか。今回はその部分をまとめていきます。

 

インビザラインってそもそもどんなもの?

インビザラインってそもそもどんなもの?

前述の通り、インビザラインとは、全世界で400万人以上の患者さんが使用している透明なマウスピースです。日本にも、2006年から導入されており、多くの患者さんの歯の矯正に貢献しています。ワイヤーを使わず、色も透明なため、使用しているかどうかすぐにはわからず、目立たない歯の矯正方法として多くの患者さんに支持されています。

インビザラインには、クリンチェックと呼ばれる独自のアプリケーションがあり、モニターで術前と述後の歯並びを患者さんの目で確認できるため、モチベーション維持につながると評判です。

 

具体的な「インビザライン」の特徴

それでは、インビザラインの特徴を以下に詳しく説明していきましょう。

1.透明であること
何よりもの特徴はやはり、透明であることです。矯正はある程度長い期間が必要ですよね。毎日、従来のマウスピースのように目立ってしまっては、せっかく歯がきれいになりつつあるのに、ストレスが溜まってしまいます。周囲に気づかれず、目立たずに歯列矯正を行うことが出来る。これがインビザラインの大きな特徴です。

2.矯正の精度が高い
インビザラインは、全世界の臨床データを基に硬度な治療設計を作成し、それを実際の施術に展開しているため、精度が非常に高いです。一方、従来のマウスピース矯正は、技工士の手作業によって患者一人ひとりの「型」が作られるため、精度にばらつきが生じやすいのです。

3.歯型の採取の回数が少ない
インビザラインにおける歯型の採取は、最初に一回のみです。一方、従来型のマウスピース矯正は、治療中、2週間~1カ月に一度程度、患者の歯型を取る必要があるため、負担とストレスがかかってしまいます。

4.術後の通院回数が少ない
また、術後の通院回数も、インビザラインが、2~3カ月に一度通院程度でよい一方、従来のマウスピースは治療期間の予測が難しく、2~1カ月に一度の来院を必要とする場合もあります。通院は、なかなか日々の生活の負担になります。できるだけ少ない方がよいですよね。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか。インビザラインには様々なメリットがあることがわかりましたね。なお、費用に関しては、各歯医者によるところも大きいですが、一般的にインビザラインは従来のマウスピースに比べ、高度な治療計画を必要とするため、若干高めに設定されているケースが多いようです。気になる方は一度西日暮里駅前デンタルクリニックにご相談ください。