子供の歯並び相談は躊躇なく行ったほうが良い理由

「子供の歯並びは多少悪くても生えかわるから問題ない」と考えていませんか?悪い歯並びを放置しておくと様々な問題が起こります。今回はいくつかの例をあげながらどのような状態が歯並びに影響を及ぼすのかを紹介したいと思います。


子供の歯並び、これは大丈夫?

子供の歯並び、これは大丈夫?

●上唇小帯の付着異常
上唇小帯とは、上の前歯の真ん中の線上にある歯茎と唇を繋ぐ筋のことです。赤ちゃんの頃は、太く目立ちますが、徐々に上に移動して目立たなくなります。この筋が移動せず真ん中の歯と歯の間に入り込むと、前歯の真ん中に大きな隙間が出来てしまいすきっ歯になってしまいます。すきっ歯は見た目だけではなく、隙間に汚れが溜まりやすくなり虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

●過剰歯と永久歯の先天的欠如
過剰歯とは正常歯の本数より多くある歯のことです。過剰歯が最も多く発生する部分が左右の前歯の真ん中です。過剰歯があることで本来生えるはずの永久歯がまっすぐ生えてくることが出来ず、ずれて出てきてしまいます。逆に、本来生えるはずの永久歯が先天的に欠如している場合もあります。永久歯が先天的に欠如しているといつまでたっても乳歯のままで、幅の狭い乳歯では隙間が広がってしまいます。

●癒合歯
癒合歯とは隣同士の歯がくっつき1本の歯のように見えるものです。永久歯が生える時に乳歯の根は吸収され抜け落ちるのが自然ですが、乳歯が癒合歯の場合、上手く吸収されず、自然に抜け落ちません。乳歯が癒合歯であるとその後に生えてくるはずの永久歯が存在しない確率が高いです。そうすると、歯が1本足りず、その分のスペースがあいてしまい他の歯がスペースのあいている方へと傾くため歯並びに問題が生じてしまいます。


虫歯だけじゃない!

子供の歯並びが悪いとどんな影響があるのでしょうか。まず、上手く歯磨きが出来ていない部分が増えてしまうため虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また、お口の中の問題だけではなく、隙間から音が漏れて発音がしづらくなりこともあります。さらには、歯並びが悪いことによって体のバランスを崩し、肩こりや頭痛などが起こりやすくストレスを与えてしまいます。
他には、歯並びが悪いと口呼吸になるので、喉が乾燥して風邪を引きやすくなってしまいます。
このように、悪い歯並びを放置しておくと、口内だけではなく様々なトラブルを引き起こす原因になり得ます。気になる症状が見られた場合は、上記の理由から、躊躇せず歯並び相談(子ども)に行くことをおすすめします。


子供の歯並びで困った時は

子供の歯並びで困った時は

インターネットの普及で、気になることがあれば自分で調べると色々な知識が出てきますが、お口中の状態は人それぞれですので、歯科専門のことはやはり歯医者さんへ行って実際に確かめてもらうのが一番です。