喫煙者必見!タバコ+歯周病で起こる「口臭」におすすめのケア方法!

タバコを吸っている人は、口が臭い!とよく言われています。本人たちはそんな自覚がなくても一緒の空間にいる人はタバコの匂いだけでなく口臭にも敏感になってしまいます。特に、タバコを吸っている人で歯周病も発症している人の口臭はなにものにも言い変えられない独特の匂いがするのです。
そんな人たち必見の口臭予防法を西日暮里駅前デンタルクリニックが紹介します。

 

タバコと歯周病

タバコと歯周病

タバコを吸っていると歯周病になりやすいという話は歯科関係者のみならず、一般の人にも浸透してきています。タバコに含まれる有害物質によって歯ぐきの毛細血管に血液が行き渡らないことで貧血状態になり歯周病菌が活発になるからです。さらに、タバコのタールが歯に付着することでプラークが歯に付着しやすくなっているので汚れも歯にたまりやすくなっています。

 

口臭の原因

口臭の原因はさまざまありますが、中でも多いのは歯周病が原因の口臭です。歯周病の原因菌が口臭の原因となる腐敗臭を発生させます。匂いには個人差がありますが、歯周病が原因の口臭は独特の匂いで同じ部屋にいるだけでも気づくことができるほど匂いを発しています。歯周病は歯茎の中で膿が溜まっている状態なので、ちょっと歯磨きをした程度では匂いは消えません。
喫煙者は歯周病でなくても口臭がきつくなることがあります。タバコは自律神経を乱れさせることがあり、唾液の分泌は自律神経によって管理されています。自律神経の乱れによって唾液分泌の低下が起きると、口腔内がカラカラになってしまいます。口の中は唾液によって細菌が洗い流されていますが、唾液が出ないということは細菌が流れず溜まることになり口腔内は細菌が育つために丁度いい湿度と温度なので繁殖するにはもってこいです。喫煙者は歯周病でなくても細菌が繁殖しやすく口臭が発生しやすいのです。

 

そうはなりたくない!予防法はあるの?

そうはなりたくない!予防法はあるの?

歯石や虫歯があっても口臭は発生しやすいです。これは目に見えて原因がわかっているので、歯石を除去することや虫歯の治療をすることで口臭はある程度改善されます。しかし、喫煙していて歯周病の人はそうはいきません。歯周病治療は時間がかかることです。歯のクリーニングに通うことである程度歯周病の治療にもつながり口臭も抑えることができます。どうしても出先で口臭が気になる人はマウスウォッシュやガムを噛んで一時的にしのぐ方法もあります。口臭の原因はひとえに歯周病が原因なのか、喫煙が原因なのか判断しにくいです。
まずは西日暮里駅前デンタルクリニックで診断してもらい適切な治療を受けましょう。