【百害あって一利なし…】タバコは歯肉の老化も促進するらしい

タバコを吸っている人は年々減少してきています。しかし、残念ながら日本は先進国の中で喫煙者数は多い方です。タバコが健康を害するものということは常識となっていますが、口内の老化も促すということをご存知でしょうか?

 

タバコは百害あって一利なし!

タバコは百害あって一利なし!

「タバコは百害あって一利なし」と聞いたことはありませんか?まさにその通りです。タバコが大きく関係するのは肺や気管支など呼吸器系と口腔分野です。呼吸器系では最近テレビCMでCOPD(慢性閉塞性肺疾患)が注目されていますが、喫煙者の方はCOPDを起こしやすくなります。そして口腔分野ですが、主に歯周病の進行や発症にタバコが大きく関係してきます。

 

歯周病とタバコ

タバコが歯茎にどういった影響を及ぼすのでしょうか?

■血流を悪くする
タバコに含まれる一酸化炭素は血管を収縮させる働きがあります。血液の中には組織に栄養を与える役割や、細菌が活性化しないように制御する因子があります。血流が悪くなると歯周病の進行が始まると言っても過言ではありません。また、歯周病や歯肉炎の指標の一つに歯茎からの出血がありますが、血流が悪くなっているので出血もあまり起きません。よって歯周病の進行を見逃すことが多いです。

■色素沈着を起こす
タバコに含まれるタールは着色を引き起こします。歯だけでなく歯茎にも着色を引き起こします。歯茎についた着色汚れは簡単に落ちなく、レーザー治療が主になります。

■歯に着色を起こす
タバコによってタールなどが歯に付着します。着色物質の表面はネバネバしてザラザラと粗造になっています。ザラザラとすると、プラークなどが付着しやすくなります。

 

歯医者さんはタバコ嫌い

歯医者さんはタバコ嫌い

歯医者さんは、口の健康を守る職業です。歯医者さんの多くは、タバコ嫌いである、またはタバコ(電子タバコも同様)が悪影響を与えることを知っています。

■口腔ガンリスク向上
口腔ガンはあまり馴染みがないかもしれませんが、ガンの中で10%程度を占めています。口腔ガンだけに限ったことではありませんが、タバコがガンのリスクを上げる一因となっています。

■口臭の原因
タバコには、歯周病を進行させる効果があります。歯周病は口臭の原因にもなるのでタバコは控えたほうが良いです。

■インプラント治療の予後不良
インプラント治療は外科手術が伴います。外科手術のあとに歯周組織が治癒していく過程でタバコの成分が治療阻害効果を示すことがあります。歯周組織の治癒が遅れてしまうと、その分インプラント治療の予後にも影響してきます。インプラント治療を予定している方はタバコを控えなければなりません。
気になる方は西日暮里駅前デンタルクリニックにご相談ください。